人は何かを期待し、それを信じている

Home  >>  RUN  >>  人は何かを期待し、それを信じている

人は何かを期待し、それを信じている

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は起きたのが遅く、7kmほどだけ走りました。

 

前々から気がついてはいたのですが、

やはり、『土日の使い方』というのは、大きく平日に影響しますね。

 

 

土日で怠けてしまう自分を知っているので、

最近では、意図して土日を埋めるようにしているのですが、

どうしても埋まらなくなってくると、

生産的な活動が減ってきてしまいます(←つまり怠けてしまうということ)

 

このへん、もっと改善してかなくては、ですね。

 

 

****************************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

****************************************

 

■ 土日月、と、

各地で各々の方が、

24時間走だとか、トレイルだとか、コソ練だとか、

されているのをFacebookで見ていました。

 

私自身も、早朝にそれなりの距離を走っていたのですが、

正直、この3連休に上記のようなRUNをする方は尋常ではない、と思いました。

 

だって、暑いですから!

 

 

■ ですが、

ふと思ったのですが、

「こういった違い(暑い日に走る人と走らない人)は、どこから来るのか?」と。

 

私のように早朝だけ走っている人もいれば、

日中、4時間とか8時間とか走り放しの方もいるわけです。

 

こういった違いがあるのは、ひとえに、

「信じているものの違い」

ではないかと。

 

(かなり事を遡って話をしています)

 

 

■ 信じるもの。

それがなにかは個人個人で違います。

 

例えば、

夏の暑い中走るのを信じている人もいる。

ひんやりとしたベッドで眠ることを信じている人もいる。

毎日、こつこつ株式投資する人もいる。

休日を家族との時間に割く人もいる。

暇さえれば、勉学に励む人もいる。

 

こういった行動の先に、望むような結果がついてくる、

と信じているから行動になるのです。

 

先の例で言えば、

暑い中走れば、精神力・走力がつく

冷たいベッドの中でいれば、汗かいて不快な思いをすることがない

こつこつ投資していれば、あとあとお金が増えて返ってくる

家族と過ごせば、やすらぎや思い出を作れる

勉強すれば、いい大学・いい会社に入れる

 

など、

「人は何かを期待し、それを信じている」

のです。

 

■ ですから、

それぞれ信じるものが違うというだけで、

それが良い悪いではなく、

どちらかというと、合う合わないの話。

 

みんなひとそれぞれ信じていることは違う。

だから行動も違ってくる。

 

それは、その人が経験した過去からくるものではないでしょうか。

 

RUNにあまり関係ない話(?)になりましたので、

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:7.2km

今日現在の総距離:230.1km

目標の400kmまで、169.9km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)