コミュニケーションもRUNも、気を入れないと惰性になってしまう

Home  >>  RUN  >>  コミュニケーションもRUNも、気を入れないと惰性になってしまう

コミュニケーションもRUNも、気を入れないと惰性になってしまう

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は14kmだけ走りました!

 

14km「だけ」と書くのは、少しおかしい気もしますが、

いつもより短めなのは確かなので。

 

その代わりではありませんが、

今晩はランニングコーチのお仕事で走る予定、なので。

 

 

■ 最近、平日でも、

ランニングコーチの引き合いをいただくことが増えてきています。

 

「今日・明日に!」

というのは、少し難しいですが、

可能な限り対応させていただいています。

ご興味のある方は一度お問い合わせください。

 

→ランニングコーチについてはこちら

 

****************************************

 

 このブログは、

 『ウルトラマラソンなどの荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

  だれもが自己実現できる社会を実現させる』

 ことを目標に、

 

年間5,000km走り、様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

****************************************

■ 普段、私たちは何気なく会話をしていますが、

「特段、意識しなくてもできてしまうのが、コミュニケーション」

であったりします。

 

 

ですが、

 

何気なく会話をすることはできますが、それでは、

「相手にプラスの価値を提供できていない」

と言ったほうが良いでしょう。

 

少なくとも私はそう思って、人と接しています。

 

 

 

■ 「プラスの価値を提供」

とまでいかなくても、

 

そういったコミュニケーションをとっていると、

怖いことに相手もそれを見透かします。

 

 

「あ、この人、今ここに心あらずやな」

「この人、ちゃんと聞いてんのかなぁ?」

 

と思うことはありませんか?

 

 

 

あなたがそう思うことがあるなら、反対に、

「あなたが気を抜いて喋っているのを、相手は感じている」

と思ったほうが良いでしょう。

 

 

 

■ 惰性でやってもできてしまうのが、

コミュニケーションです。

 

(厳密に言うと、「できているように見える」

と言ったほうが良いかもしれませんが)

 

 

ですが、それでは相手に価値を貢献できず、

相手を落胆させているかもしれません。

 

 

■ RUNも同じです。

惰性でやっても、走れてしまうのがRUNです。

 

私はすでに良くも悪くも、

無意識に走れてしまうのですが、

 

そうなってしまうと、

意図したタイムやペースで走れません。

 

ですから、

意識的に体のコアのところを意識して、走るようにしています。

 

そうじゃないと、

走っているのか、何をしているのか、

わからなくなるからです。

(それくらい無意識なのです)

 

 

RUNにしても、コミュニケーションにおいても、

気をいれることが大事なのです。

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:14km

今日現在の総距離:178.6km

目標の400kmまで、221.4km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)