気楽にいこうや。先は長いし。

Home  >>  RUN  >>  気楽にいこうや。先は長いし。

気楽にいこうや。先は長いし。

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝も22km、昨日と同じコースを走りました。

 

距離感覚、この時期の体感を慣れさせるために、

ずっと同じ距離を走っていますので、ペースはほとんど気にしていません(ほとんど、ね笑)

 

それより、

継続して安定した結果を出すことのほうが大切なので、

しばらくは淡々とこの距離を繰り返すつもりです。

 

まぁ、控えめに言っても、

夏に差し掛かろうかというこの時期に、

それなりの距離を毎日走っているだけでも、

十二分に評価できると思いますし(*^_^*)

 

 

****************************************

 

 このブログは、

 『ウルトラマラソンなどの荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

  だれもが自己実現できる社会を実現させる』

 ことを目標に、

 

年間5,000km走り、様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

****************************************

 

■ 走っている方とお話していると、ときどきお聞きする言葉に、

 

「頑張る」

 

という言葉があります。

 

というより、走ることに限らず、

日常的に使っていますよね。

 

 

走ることに限らず、広く使われている言葉ですが、

具体的な行動を指すことはなく、

意識の問題(?)だけの話になります。

 

同じように「気をつける」と言った言葉もかなり曖昧ですね。

 

 

 

■ さて、

この『頑張る』という言葉ですが、

残念ながら走ることにおいては、あまり有用とは言えません。

 

 

なぜなら、

『頑張る』という言葉を聞くと、

「握りこぶしを作って、必死に走る」

と言ったような格好になります。

 

これは極端かもしれませんが、

大なり小なり、それに近いようなイメージが立ち上がってきます。

 

 

 

■ そうすると、

それにしたがって身体も硬直します。

 

こうなると、無駄な力が入り、スムーズな体の動きを妨げて、

結果、

「頑張って走ったけど、おもうような結果が出ない」

というようなことが起こるのです。

 

 

■ これは、

「日頃からどんな言葉を脳内で回しているか」

が大きく左右するでしょう。

 

なぜなら、

 

その言葉が、円に触れ折に触れて、走っている最中に出てくるからです。

 

 

ですから、

 

普段から

「頑張る」「頑張ります!」

が口癖の人は、

走っているときもその言葉をなにかのタイミングで意識し始め、

それに伴うような走り方になりますし、

 

 

普段から

「気楽にいこうや。先は長し」

と言った言葉が口癖の人は、

しんどいと感じたら、

気負うことなく、脱力した感じの走り方になるでしょう。

 

 

■ ウルトラマラソンが好きな人の中には、

旅が好きな人がよくいらっしゃります。

 

ウルトラマラソンを「頑張る!」といった、

気合・根性論で走れるわけがないのは、

少し考えればわかるでしょう。

(フルマラソンだって、距離の差はあれ、同じです)

 

 

 

では、彼らはどんな言語を頭のなかで回しているか。。。

 

 

 

■ それは、

 

「気楽にいこうや。先は長し」

 

こういった言葉なのではないでしょうか。

 

 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:22.0km

今日現在の総距離:164.6km

目標の400kmまで、235.4km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)