ゆっくり、落ち着いて呼吸して

Home  >>  RUN  >>  ゆっくり、落ち着いて呼吸して

ゆっくり、落ち着いて呼吸して

おはようございます!

大阪でパーソナルランニングコーチをやってます、REDです!

☆プロフィールはこちら☆

♬パーソナルランニングコーチのご感想はこちら♬

 

 

■ 連休最終日、いかがお過ごしでしょうか

 

とうとうオリンピックも終わり、

 

徐々に日常通りの流れになってくることでしょうね

 

 

とは、言いつつも、コロナ禍の影響はまだ依然としてあり、

 

マラソン業界も多大な影響を受けています、、、

 

個人的にも唯一可能性があったウルトラマラソンの大会が

 

延期となってしまいました、、汗

 

もうこうなったら、自分で何か企画して走るしかないですね(゚∀゚)♬

 

 

 

 

以下、パーソナルトレーニングの日程はこちら↓↓

 

8月14日(土) 9:00~ 11:30~ 13:30~ 16:00

8月15日(日) 9:00~ 11:30~ 13:30~ 16:00

 

詳しくはこちらまで↓↓
https://moshicom.com/56348/

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、RUNの常識をぶっこわすため、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

ゆっくり、落ち着いて呼吸して

 

■ 昨日は、「具体的な行動を促す一言を」という題目で投稿しました
 
 
私が一番、走っていて言葉を掛ける一言に、
 
「落ち着いて、ゆっくり呼吸して」
 
という言葉があります
 
 
文字通り、ゆっくり、そして落ち着いて呼吸をするために、
 
そうお声がけするのですが、
 
 
この言葉を頻繁にお声がけするのは、
 
“呼吸というのは無意識にやってしまうこと”
 
だからです
 
 
 
■ 呼吸というのは日常的に、起きていても寝ていても、勝手にしています
 
 
心臓の動きと連動することもあって、勝手に行っているのですが、
 
いちいち呼吸するのを意識してしている人はほとんどいないでしょう
 
 
無意識に行われるからこそ、人間の生体機能が保たれているので、
 
それでよいのですが、
 
走っているときには、呼吸は気をつけなくてはなりません
 
 
 
■ 走っているときには、自然とその呼吸が荒々しくなってきます
 
 
一般的に言って、早いペースで走れば、より呼吸が荒くなりますし、
 
遅ければ、そこまで呼吸が上がらないはずです
 
 
 
ある段階を超えると、心拍数が戻らなくなり、
 
フォームも崩れ、足の筋肉で走るようになり、
 
やがて走れなくなります
 
 
また、心拍数が上がりすぎると、必死になって走り、周りが見えなくなり、
 
走る楽しさどころではありません
 
 
 
そんな死に物狂いの状況に陥らないためにも、
 
意図して呼吸を行うようにし、心拍数を抑えて、
 
落ち着いて、走り続けるようにするのです
 
 
 
 
■ 私が何度も、この
 
「落ち着いて、ゆっくり呼吸して」
 
と声掛けするのも、一度や二度声掛けしたくらいでは、
 
また時間が経てば、呼吸のことなど忘れてしまい、
 
無自覚に呼吸が荒くなってしまうからです
 
 
 
私自身、何年も走り続けてきましたが、
 
一人ではしっているときに呼吸を意識して、心を落ち着かせるのは、
 
至極難しいことだと理解しています
 
 
ですが、
 
呼吸の乱れが、フォームの崩れやRUNの楽しさを失うと言ったことに
 
気づいているので、
 
パーソナルトレーニングを行っている際にも、
 
常々、

 
「落ち着いて、ゆっくり呼吸して」
 
とお声がけさせていただいているのです
 
 
 
■ もちろん、呼吸だけでなく、
 
ランニングフォームも無意識に行ってしまっているという点では同じです
 
 
ランニングフォームは人にもよりますが、
 
3ヶ月〜半年ぐらいで身についてくるものです
 
 
ある程度のフォーム(型)が出来上がってくるまでは、
 
フォームを意識して、走る必要があります
 
 
 
■ 呼吸にしても、ランニングフォームにしても、
 
無自覚的に行っているという点で、
 
ご自身では判断しにくく、意識もしにくいことです
 
 
 
単純に、早く走ったり、距離を走ったりするのは、お一人でもできるかもしれませんが、
 
呼吸やフォームなどは、客観的なアドバイスなしには意識することはできません
 
 
 
■ どうでしょう?
 
「呼吸」
 
意識してやっていますか?

 
 
走っているときも、日常で生活しているときも、
 
無自覚な呼吸という活動を、意識して行ってみると
 
見えてくるものも違ってくるかもしれません
 
 

 

 

 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

→パーソナルランニングコーチのご感想はこちら

→お問い合わせはこちら

 


 

今日現在の総距離:95.7km

目標の450kmまで、354.3km

 

LINE公式アカウントからお問い合わせができます。

ともだち登録の上、氏名とお問い合わせ内容を記載してお送りください。

ともだち追加はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)