RUNを通して、「その人のなりたい!!」をお手伝いすること

Home  >>  RUN  >>  RUNを通して、「その人のなりたい!!」をお手伝いすること

RUNを通して、「その人のなりたい!!」をお手伝いすること

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

■ 今朝は18km走りました。

雨が降ってて(むしろ霧といったほうがいいかもしれませんが)、

羽織っていたウェアが濡れてしまいました。

 

レインコートみたいなウェアも持ち合わせているのですが、

通気性が悪いため、蒸し暑く、

選択肢に困ります。汗

 

まぁ、雨の中でも気持ちが折れず、最後まで走りきれたのが収穫ですが。

 

 

 

■ さて、今、こういう本を読んでいます。

ドラッカーの5つの質問

www.amazon.co.jp/dp/4866670398

 

ドラッカーは昔からときどき読んでいるのですが、

読むたびに気づきや示唆を得られて、とても刺激になります。

 

 

■ さて、

普段からパーソナルランニングコーチとして、

いろいろな方のお手伝いをさせていただいているのですが、

要するにどういうことをしているのかというと、

 

『RUNを通して、その人のなりたい!!をお手伝いすること。』

 

であると、言えます。

 

それも、

荒唐無稽な、今の現状を大きくかけ離れているような自分になりたい人のために、

それを叶えるために全力でサポートする、

というのが私のスタンスです。

 

 

■ この、「荒唐無稽な・現状と大きくかけ離れている」

というのが、ある種の換気剤になります。

 

 

なぜかというと、

「いまとそんなに変わらない、ちょっとやればできる」ぐらいの目標だと、

焦りや焦燥感に駆り立てられず、

ましてや、憧れとか憧憬の念も抱くことなく、

行動に駆り立てられません。

 

ようは、現状維持と何一つ変わらないのです。

 

 

そういう人のサポートもしないわけではありませんが、

結果や成果が出にくいのは目に見えています。

 

 

 

■ 私がウルトラマラソンのサポートをメインでさせていただいているのは、

「フルマラソン完走」という目標が比較的簡単にできてしまう

からです。

 

つまり、

フルマラソンの完走程度では、ご本人の行動がそんなに伴わなくても、

ちょっとやれば、完走できる(結果が出る)ため、

私のサポートなしでも十分だと思うのです。

 

 

もちろん同じフルマラソンでも、

タイムを狙いに行けば、少し事情が変わってきます。

しかし、タイムを狙うとその反面、どうしても怪我のリスクがちらついてきます。

 

 

冒頭でお伝えした、

「なりたい姿」は、

「包帯ぐるぐる巻きで、松葉杖をついて歩く」という状態ではないと思います。

 

そう考えると、フルマラソンでもタイムを求める人をサポートするのは、

私の範疇から少しずれているように思えます。

 

 

■ では、

「ウルトラマラソンはどうなのか」というと、、、

 

 

それは、

この動画がすべてを物語っています。

https://www.facebook.com/MarathonDesSables/videos/2050317991647457/

 

以前もFBでご紹介しましたが、

こんなになってまで、到達したい場所があるのです。

こんな年になっても、前に進み続けたいのです。

ここまでどれだけの練習や準備に時間を費やしたのでしょうか。

 

 

このゴールシーンは、

そのひとのなりたい姿、まさしくそのものなのです。

 

 

こういう瞬間を一人でも多くの方に味わってもらいたい。

 

 

 

パーソナルランニングコーチは、そのためのお手伝いをする仕事なのです。

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:18.0km

今日現在の総距離:268.3km

目標の550kmまで、281.7.km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)