走るためのシステムはありますか?

Home  >>  RUN  >>  走るためのシステムはありますか?

走るためのシステムはありますか?

こんばんわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

今日はこのあと1件RUNについての打ち合わせの予定です。

 

そういえば、立春をすぎましたね。

先日、平日の夜にもかかわらず、大阪城公園はランナーでいっぱいでした。

 

これからもっと走り始める人も多くなるんでしょうね!

 

 

 

走るためのシステムはありますか?

■ 昨日は、

「大会が終わってすぐにすべきことは、次の目標設定である」

と書きました。

 

今日はその続きです。

 

 

■ 目標設定の次にするべきこと。

それは「逆算」です。

 

大会の日時が決まったら、

その大会までに、

「どれくらいの時間があるか」を見なおしてみることです。

 

ここはざっくりと、で構いません。

 

 

■ 例えば、今から申し込むと、

だいたい早くて6月か7月、遅ければ9月、10月になるでしょう。

9月、10月であれば、まだエントリーどころか、HPさえ用意されていないかもしれません。

 

しかし、そのような大会でも、昨年のHPがまだ残っていることがあるので、

それを参考にすれば、だいたいの日付がわかります。

 

そうやってある程度の大会の日付を割り出し、

「その日までにどれくらいの時間があるか」

をざっとみてみます。

 

6ヶ月とか、数ヶ月単位で時間を見るのがいいですね。

 

 

■ その上で、

「どれくらいの時間が使えるのか?」

これを見極めなければなりません。

 

「1周間に3回走る」

と計画しても、

実際には、1回しか走れないこともあります。

 

仕事をされている方であれば、使える時間も限られているため、

回数を多く走ることは不可能かもしれません。

 

そんな方にオススメするのが、

予定に「◯時からは走る」と入れてしまうことです。

 

予定に入れた以上、

何が何でもその時間は走ると決めます。

 

たとえ、そう決めたとしても、最初はできないこともあります。

 

それでも、ほかの時間を節約し、だんだんRUNに回せるようになってきます。

 

ちなみに私が朝RUN派なのも、

「朝は誰にも邪魔されないという絶対的な時間が確保できるから」です

 

 

 

■ 子供は、学校という強制的に勉強するシステムに身を投じるから、勉強する習慣が身につきます。

 

RUNもこれと同じで、

所詮、人間怠けてしまう生き物なので、

意志の力に頼らず、システムに身を投じることが必要です。

 

システム、その1つとして、

 

「RUNをスケージュールに入れてますか?」

「走るためのシステムはありますか?」

 

 

今日はここまで。


[まとめ]

  • 次の大会までどれくらいの時間があるか。割り出しても実際にはそれほど走れないことも多い。
  • 所詮、人間怠けてしまう生き物。意志の力に頼らず走れるシステムが必要。
  • RUNを予定に入れておくなど、走るためのシステムはありますか?

→ランニングコーチについてはこちら

☆子供向けクラスについてもお問い合わせください☆

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

アンケートも絶賛募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)