「できなかったこと」より「できたこと」

Home  >>  RUN  >>  「できなかったこと」より「できたこと」

「できなかったこと」より「できたこと」

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

 

 

■ 雨ですね−。

毎日走っている私は、走れないと悶々としてしまうことが多いのですが、

最近になってようやく、時間の活用方法を見出し、

有効活用できるようになってきました!

 

 

普段から無駄に(!?)4時起きをしているので、

「時間の活用方法は自分次第」

なんですよね。

 

 

 

****************************************

 このブログは、

 『ウルトラマラソンなどの荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

  だれもが自己実現できる社会を実現させる』

 ことを目標に、

 

年間5,000km走り、様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

****************************************

 

■ 私がサポートさせていただいている方には、

その人に合った個別のメニューをお渡ししています。

 

 

ですが、

お渡ししたトレーニングのメニューができないこともあると思います。

 

人間だからできないこともあるのです。

(ただでさえ、今は雨の日だし)

 

そうじゃなくても、

「体調が悪い」「走る時間がない」という方もいらっしゃるでしょう。

 

 

それが原因で、最悪の場合、

決めた大会で思い通りの結果が出ないかもしれません。

(本当に最悪の場合は、という話)

 

 

 

■ それでも、目標を目指し始めたから時期に比べると、

ゴールまで「近づいた」「届きかけたんだ」

と、未来の破片(カケラ)は感じ取れるはずです。

 

その上で、

時期を少し伸ばせば達成できることもあるはずです。

多少のズレは「誤差の範囲」なのです。

 

 

だから、

今、「できなかったこと」にフォーカスして、落ち込んでポキリと折れてしまったら、

元も子もないのです。

 

非常にもったいないことなのです。

 

 

 

■ であるならば、

今、「できること」「できたこと」にフォーカスして、

その質や頻度を上げる取り組みをしたほうが良いでしょう。

 

少なくとも、途中放棄して投げ出すと、

すべて気泡に帰してしまうから、

続けるほうが得なのです。

 

 

 

■ 加えて言うと、

私自身、目標に対してギリギリの課題設定を過去にして、

何度も失敗したことがあるため、

お渡ししているメニューは多少バッファ(余裕)を持たせたプログラムをお渡ししています。

 

多少コケても、結果が出るメニューになっているのです。

 

 

だから、

余計に「今、できなかったこと」に焦点を当てて、落ち込んでしまう時間自体がもったいないのです。

 

それよか、

「今、何ができるか」

という側面に光を当てて前を向くことが大事なのです。

 

 

 

今日は、サポートさせていただいている方に向けて書きました。

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:–km

今日現在の総距離:55.2km

目標の450kmまで、394.8km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)