今この時を走っている人がいる、ということ

Home  >>  RUN  >>  今この時を走っている人がいる、ということ

今この時を走っている人がいる、ということ

On 11月 14, 2019, Posted by , In RUN,ウルトラマラソン,ご縁,, With No Comments

こんにちは!

パーソナルランニングコーチのREDです!

☆プロフィールはこちら☆

 

 

■ もう気づけば、今年も残すところあと1ヶ月半になりましたね!

 

今年の予定はどんな感じですか?

 

私はもう来年の予定を、つまり走りたい大会を考えています。

来年はいくつか(いや、いくつもの)ウルトラマラソンを完走したい。

と、考えており、それらを調べているのですが、

 

どうも、4月に6月に集中しているようで、

ともすれば、

“3週連続ぐらいでウルトラマラソンを走る!”

というプランになるかも、です。

 

さすがにいろいろな諸事情で、

そこまで詰め込むことはできないでしょうが、

「やったら、おもしろそう♪」とおもう時点でヘンタイですね笑

 

ちなみに、

“国内すべてのウルトラマラソンでサブ10を達成する”

という目標を掲げていますので、

参加するからには、サブ10達成を狙いに行きます!

 

 

 

【今週のダイジェスト】

 

・セッションを2件と練習会を実施

 

 お一方は坂のきついハーフを走られたあとに、

 どうも足の裏を痛めた方のセッションでした。

 なので、フォームの体重移動をメインでお話し、

 その感覚や体の動かし方の確認のセッション。

 

 もうお一方も同じく、

 体の動かし方の復習がメインのセッション。

 

 痛めたり、怪我していても、できることはあります。

 もちろん、怪我を治して、

 走りながらフォームの修正や体を慣らしていくのが定着しやすいですが。

 

 

 

 練習会では、5名の方にご参加いただき、

 基本となる体の動きを感じていただきました。

 それぞれ元々のフォームが当然異なるので、同じことをお伝えしても、

 そこから得られることは異なってきます。

 

 

 やはり、というか当然そうなってしまうのですが、

 個別でセッションをするのと、

 練習会でフォームのお話をするのとでは、

 受け取れる感覚が異なります。

 

 個別セッションでは、基本動作はその人が持ち合わせているものに、

 微調整や微修正をくわえて、

 状況や目標、課題にそった走り方や練習を提案・実施をします。

 レベルアップや課題特定、課題への対処方法など、

 良くなるまで行います。

 

 それに対して、練習会では、

 基本的な走り方や考え方をお伝えし、それにそった実践を行いますが、

 どうしても1対多なので、得られるものが薄まってしまう。

 それでも、なるべくプラスになる気づきや感覚を得ていただきたく、

 個別にアドバイスをお渡ししますが、

 一時期的にそれができても、

 時間が経てばもとに戻ってしまうものです。

 

 

 フォームとは、癖なのでそんなにすぐに最適化・習得されるわけではなく、

 最悪、寝て起きたら、忘れました!なんてこともあるわけで、

 そうならないためにも、復習・反復練習が必要なのです。

 それもあって月4回、練習会を実施しているのです。

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、RUNの常識をぶっこわすため、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

今この時を走っている人がいる、ということ

 

■ 走ることとは、

“独りで行うこと”と思われがちですが、

(そして、多分にそういう側面があるのですが)

 

リアルでも、バーチャルであっても、

誰かと一緒に走ることで、

力を与えてくれるものです。

 

 

 

■ リアルであれば、文字通り、一緒に走るわけですから、

相手に引っ張られたり、一体感が生まれ、安易な弱音が吐けません笑

 

ちょっとした強制力も働き、

いつもより走れることがよく起こります。

 

 

ちなみに、

私はそのひとの力を引き出すために

個別セッションのときに並走しするのはそのためです。

 

 

並走すれば、ほんとうに多くの方がお持ちの力を発揮されるのです。

(本当はこれを本番の大会でもしたい気持ちがあるのですが、、、)

 

あとは、本番でも同様に行えれば(走れれば)

おのずと結果はついてくるのです。

 

 

 

■ ここまではリアルでのお話。

 

バーチャル(つまり独りで走っているとき)でも

同じように力を生み出す方法はあります。

 

 

さすがに、リアルよりは効力は低いですが、

 

走っていて、しんどいときは、

“自分だけがこんなしんどい目にあっているのではない”

と思うことです。

 

 

場所や状況は違えど、

同じように今の時間に走っている人は、

います。

 

見渡せば、どこかで走っている人はいませんか?

FacebookやTwitterなどのSNSが発展したおかげで、

いつもだれかがこの時も走っているのを目にします。

 

 

それがたとえ、

状況や目標、スピードが違っても、

“今この一時に走っている人はいるという事実”があるのです。

 

 

今もなお、

何処かで誰かが、

目の前の一歩をサボらず、着実に前に進み続けているのです。

 

そうおもうとなんか力が出てきませんか?

 

 

■ 私はそれらのことを思うと、

勝手に連帯感が生まれ、気持ちを前向きにしてくれます。

自分自身に力を与えてくれた気がします。

 

ですから、

リアルでお会いした人とSNSでつながっていることも非常に大事で、

旧友を温めるためにも定期的に仲間と会うようにしています。

(先日も京都まで行って、走ってきました)

 

 

RUNは独りで行うものですが、

決して独りではない。

 

そう思えるような仲間の存在が大事なのです。

 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

→ランニングフォームの練習会についてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

今週の総走行距離:108.8km

今日現在の総距離:151.7km

目標の600kmまで、448.3km

 

LINE公式アカウントからもお問い合わせができます。

ともだち登録の上、氏名とお問い合わせ内容を記載してお送りください。

ともだち追加はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)