心の内側に思考を巡らす

Home  >>  RUN  >>  心の内側に思考を巡らす

心の内側に思考を巡らす

おはようございます!

大阪でパーソナルランニングコーチをやってます、REDです!

☆プロフィールはこちら☆

♬パーソナルランニングコーチのご感想はこちら♬

 

 

■ 7月に入り、もう暑いのは言うまでもないことですが、

息が上がりやすい季節になってきました汗

 

早く走っているわけでもないのに、呼吸が荒くなってしまいますね汗

 

本文でも書きましたが、

そんなときは意識して呼吸を落ち着かせることが大事です

信号で停まっているときなどに、数回息を吐くようにすれば

多少楽になるはずです☆

 

 

 

以下、パーソナルトレーニングの日程はこちら↓↓

 

7月10日(土) 9:00~ 11:30~ 14:00~ 16:30~

 

詳しくはこちらまで↓↓
https://moshicom.com/56348/

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、RUNの常識をぶっこわすため、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

心の内側に思考を巡らす

 

■ 少し前から始めた「目を閉じる」という行為
 
これだけですが、多くのことに気づきます
 
 
まずはじめに、
 
「考えが止まらない」ということです
 
 
 
瞑想などという大袈裟なことではないのですが、
 
目を瞑り、外部からの情報を遮断するだけでも、
 
「自分の頭のなかにはいろいろなことが記憶されていること」
 
に気づきます
 
 
 
それはもう雪崩のように次から次へと、溢れ出てくるので
 
どこで終了なのか、わからないくらい汗
 
 
ほんとうに多種多様、いろんなことを脳は記憶しているんですね
 
 
 
■ 日昼、十数時間ものあいだ、
 
いろんなことを見聞きしているのですから
 
きっと脳は疲れ切っています
 
 
一つのことを処理し終わる前に、次の情報が入ってきて、
 
そうこうしているうちにまた次の情報が入ってくる、、、、
 
 
この繰り返しに、脳がついてこれればいいのですが、
 
脳の処理が追いついてこないから
 
いっその事、脳を完全に休めるために
 
人は寝るのかもしれません
 
 
 
■ 人によっては
 
「走ることは瞑想と同じ」という人もいます
 
 
走りながら、内なる心情に目を向けて赴くままに思考を巡らす
 
(暑いと、内なる心情に意識が集中しづらいですが汗)
 
 
 
やってみるとわかるのですが、
 
内側に意識を向けると、呼吸がより深くなります
 
 
 
私はよく「落ち着かせる」ということをパーソナルトレーニングで言うのですが、
 
呼吸を落ち着かせることで、余計な力が抜け、
 
重心の移動にスムーズに身体がついてきてくれます
 
 
また、呼吸が深くなることで、
 
息が上がってしまう(高速で脈打つ)のを防ぐことができ、
 
肺の循環機能の低下を防ぐことができます
 
 
もちろん、
 
走っているときに目を瞑るのはなかなか勇気がいることですが、
 
(そして、危ないw)
 
 
 
暑さや寒さ、しんどさにとらわれず、
 
ゆっくり落ち着いて呼吸し、
 
ご自分の心の内側に意識を向けてみてはいかがでしょうか
 
きっと何かに気づくはずです

 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

→パーソナルランニングコーチのご感想はこちら

→お問い合わせはこちら

 


 

今日現在の総距離:53.0km

目標の450kmまで、397.0km

 

LINE公式アカウントからお問い合わせができます。

ともだち登録の上、氏名とお問い合わせ内容を記載してお送りください。

ともだち追加はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)