必要な人に、必要なものを。

Home  >>  RUN  >>  必要な人に、必要なものを。

必要な人に、必要なものを。

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

☆プロフィールはこちら☆

 

■ ようやく関西も梅雨明けでしょうか。

 

夏は暑いものですが、

それでも湿度が違うだけで、実感はかなり違ってきます。

 

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

必要な人に、必要なものを。

 

■ 最近、「ランニングの最適解となにか?」

と考える事があります。

 

誰にとっても必要で、誰にとってもほしいと言ってもらえる。

そんな夢のような答え。

ありもしないことなのかもしれませんが、

そんな特効薬みたいな存在。

それはなにか。

 

たくさんのランナーと日々接していますが、

未だにその解はわからずにいます。

 

きっとそんなもの、ないのだろう。

と、諦めるべきなのかもしれません。

 

でも、拭えない想いがあるのです。

 

「だから毎日走っている」

のかもしれません。

 

走っても走っても、その真理にたどり着けません。

誰かにとってもは、それが答え!でも、また他の誰かにとってはそうじゃないこともあります。

 

「答えは一つじゃないこと」は

わかりつつも、要諦だとか、肝となる部分を求めてしまいます。

 

一体、なにが正解なのでしょうか。

 

 

 

 

■ 未だにその解はわかっていませんが、

「おおよそ、これではないだろうか」

ということだけは朧気ながらつかめてきました。

 

それは、

(やはり)『ランニングフォーム』です。

 

 

たびたびランニングフォームの大切さは、

こうやって文字にしたり、実践の場で実感し、

たくさんのランナーさんにもご理解や実感を頂いております。

 

少し考えれば、土台となるフォームの良し悪しで、パフォーマンスが決することは、

お分かりになると思います。

 

 

 

■ ですが、そうじゃないところにも、

「これって、けっこう大切なのではないか?」

と、思うこともあるのです。

 

 

 

それは例えば、メンタル面ことです。

いくらフォームが良くても、気持ちが前に向かなければ、

体が動かないのです。

 

ほかにも、

目標設定のこともあります。

いくら良いフォームを持っていても、

目標設定の如何によっては、

宝の持ち腐れ、せっかくのランニングフォームも無役に終わってしまいます。

 

こういったことに多くのランナーと接するうちに気づいてきました。

 

 

 

■ ですから、

求められていることは、フォームだけに限らず、

(それもニーズとしては十分にあることを踏まえつつも)

その人その人に、必要とされることは異なるのです。

 

そのことを踏まえて、

個別にランニングセッションも実施しております。

 

対面でお一人お一人と接していると、

言葉の節々でお悩みのことが出てきますし、

 

ときには、

多くの情報がゆえに混乱されている方(といえば言いすぎでしょうか)

もいらっしゃります。

 

 

それらを解決したり、助言することも

与えられたランニングコーチとしての役割のように感じています。

 

 

 

『困っている人を助ける』

 

ごくごくありふれたことですが、

煩雑する情報過多の時代、マス・マーケティング戦略ではなく、

ちゃんとポジションを確立せねば、と思った次第。

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

→ランニングフォームの練習会についてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:8.6km

今日現在の総距離:194.6km

目標の500kmまで、305.4km

 

今日は個別セッションのため、短めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)