サブ4って、難しい?

Home  >>  RUN  >>  サブ4って、難しい?

サブ4って、難しい?

On 1月 18, 2016, Posted by , In RUN,サブ4, With No Comments

サブ4って、難しい?

 

こんにちわ!パーソナルランニングコーチのREDです!

 

寒さが一段と増しましたね〜!

寒さが本当にキライな私としては、こうやってブログを書いている今も、

寒さで脚が凍ってしまいそうで、今すぐにでも走りたい感情に駆られます笑)

 

サブ4って、難しい?

■ 最近、

「サブ4って難しいですよね?」

と、聞かれることが多くなってきたので、しばらくはサブ4について書こうと思います。

お会いする人のほとんどがこれと似たような質問するので、

サブ4をどこか縁遠いものとして捉えているのかもしれません。

 

 

■ いきなりですが、

まだ走り始めたばかりの人からすれば、信じ難いかもしれませんが、

結論から言うと、

『サブ4は難しくはない。が、容易でもない。』

と言えます。

 

 

サブ4を達成するためにすべき事は、非常にシンプルで、

「やる気になればだれでもできる」と私は考えています。

 

肝心なのは、

「サブ4のために、どこまで注力できるか」

なのです。

 

 

■ 物事をなにか成し遂げようとすれば、

そのことにある一定の時間と労力を割かなければなりません。

 

これはマラソンでも同じで、いやむしろマラソンであればこれがほんとうに大事で、

サブ4のためには労力と時間を割くために優先順位をつけること」が大事となってきます。

 

日常の生活をしていれば、

仕事や家族のこと、勉強や人間関係など、

マラソンだけ生活が回っているわけではないと思います。

 

しかし、

サブ4を積極的に目指そうとするならば、

それなりにマラソンに対する優先順位を上げなければなりません。

 

マラソンが優先順位の一番上にくる必要はないですが、

2番手、低くても3番手に位置づけを持ってきて、

なるべく走るために使う時間と労力を確保していただきたいです。

 

 

 

■ さて、

では、「どうすれば、サブ4できるか?」というと、

やることをしっかりやって準備することです。

おおまかに言うと、

『心』・『技』・『体』の3つの要素を備えることです。

これは前にも少し述べたことがあるから、ここでは詳しく述べませんが、

これらを集中して強化し、十分に備えて大会当日に挑めば、

サブ4達成も十分可能な範囲になってきます。

これらの要素を強化するためには、

先にも述べましたように、

走ることに対する優先順位を上げ、そこに時間と労力を割かなければならないのです。

 

 

■ また、

サブ4の難易度を別の角度から言うと、

全体の3割の人がサブ4を成し遂げていると言われています。

これは(センター試験が終わったばかりですが)、偏差値で言えば65ぐらいに相当します。

大学入試でいうと、

早稲田や慶應義塾、関学や同志社レベルに匹敵しますが、

学業おける偏差値65ほどサブ4は難しくないと私は考えています。

偏差値50にも満たない大学に通っていた私が言うのだから、そんなに難しいことではないです(笑)

 

 

 

■ これほどまでに「サブ4が難しい」と思われるようになったのか、考えてみると、

全体の母数が増えたからだと思われます。

つまり、昨今のマラソンブームによって、走っている人口そのものが増えてしまったため、

サブ4で走れる人間の相対数が低くなってしまったのでしょう。

走り始めたばかりの初心者の方の人口が増えてしまったため、

サブ4で走れる人間が少数派となってしまい、サブ4に対する希少性が高まったとも言えます。

 

 

走り始めたばかりの人が、

「サブ4で走った」や「5分代/kmのペースで20kmや30km走った」などを聞けば、

現状の自分自身の実力と天秤にかけて、

「自分では到底できない」と思うのでしょう。

 

それはある意味正しいですが、

「では、そこがその人の限界か?」と言えば、

「そうではない」と断言できます。

一般的に言って、走り始めてからある一定の時期までは能力は右肩上がりになります。

人によってスタート地点が違うから、どこまで早くなるかは一概に言えませんが、

4〜7年ぐらいの間は、走る能力は向上するものです。

 

走り始めて間もない人は、

「現状の能力」と「フルマラソンをサブ4で走るという能力」を比較して、

現在地から遠ければ、遠いほど、難しいように感じるでしょうが、

ただ単に遠くに見えるだけで、達成不可能な数字ではありません。

「単に遠くに見えるだけ」です。

一歩一歩確実にステップを踏んでいけば、決して不可能なことではありません。

 

 

■ また、マラソンなどの体を動かす競技になると、

「年齢」を持ち出す人がいます。

とくに身体的なことでいうと、世間一般的な通念からか、そのほうが逃げやすいからなのかもしれません。

 

 

個人的な感覚ですが、フルマラソンに限らず、

ウルトラマラソンやトレランでも長距離を走る競技では、年配や女性の方が強いと思われます。

年配の方は、それまでの人生で多くの苦難を乗り越えてきているため、忍耐力があるし、

女性は、一心不乱に物事に取り組める人が多く、マラソンにもハマりやすい。

ある人に言わせれば、

「女性が長距離に強いのは、出産時の激痛に長時間耐えられるからだ」そうです笑)

 

 

■ また、その一方で

「子供と一緒にマラソンを走りたい」という人もたくさんいます。

実際に、先日知り合いの方から

「中学生の娘とホノルルマラソンに出たいから、指導してほしい」

と依頼を受けました。

 

一般的に、中学生・高校生は育ち盛りだし、体力も無尽蔵にあると言ってもいいです汗

彼らと一緒に走ろうとするならば、サブ4ぐらいの能力は欲しいものです。

でないと、

体力のあるお子さんに先にゴールされて、「一緒に走ること」は夢となってしまいます。

 

「サブ4なんて、自分には到底できない…」という人も

と限界点を決めず、ぜひチャレンジしてほしいものです。

 

お子さんとせっかく走るのですから、

親として、良い背中を見せる良い機会にもなるのではないでしょうか。

 

 

■ いろいろとサブ4について書きましたが、

今回は、導入編のようなものなので、ここまでにしておきます。

 

年配の方であれ、女性であれ、

「サブ4は難しくない」と断言できます。

要は「そこにどれだけの時間と労力を投入できるか」

そこにかかってくると考えます。

 

思いの外、長くなってしまったので、今日はこのへんで。

 


[まとめ]

  • サブ4は、難しくはないが、容易でもない
  • 日常生活の中で走ることの優先順位を上げて、時間と労力を割けるかがポイント
  • 昨今、マラソン人口が増えたためにサブ4に対する希少性が増した。
  • 年令や性別に関係なく、能力は上がる。限界点を早々に決めてしまうのはもったいない。

ランニングコーチについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)