「ありがとう!」が次へのモチベーション

Home  >>  RUN  >>  「ありがとう!」が次へのモチベーション

「ありがとう!」が次へのモチベーション

こんばんわ!

パーソナルランニングコーチのREDです!

☆プロフィールはこちら☆

 

■ 今日は14kmほどだけ走りました!

今日は暖かかったですが、

今週半ばぐらいから、気温がぐっと下がるみたいですね。

加古川フルのときも走りやすくなれば良いのですが、、、

 

 

 

 

***********************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

***********************

 

■ 最近、多くの人から、

「ありがとう」をいただくことが増えています。

 

その多くがRUNに関するご質問を受け、

それにお答えしたり、

一緒に走ってアドバイスをすることで、

その方からありがとうの言葉をいただけます。

 

 

自分の持っている能力で、

だれかに貢献し、感謝されるということは、

とても嬉しいことですね!

 

 

今更ながら、

ドリカムの『嬉しい!楽しい!大好き!』

というフレーズを実感している最中です。

 

ほんと、ランニングコーチのお仕事は楽しい!

 

 

 

■ ありがとうを頂いているのは、

ランニングコーチの仕事だけではありません。

 

こうやってブログを書くときも、

「どうすれば、伝えたいことが伝わるか」

「どうすれば、読んでいただけるか」

などを考えて、

ブログを書いてきました。

(その効果の程は、、、、ですが)

 

 

こういった考え方や文章の書き方も、

他の資料を作る際にも活用でき、

感謝の言葉をいただきました。

 

 

最近、ある方が担当していた、

「定期的に作成していた、単なる資料」が、

「ちゃんと相手に行動してもらうための資料」

になるようにアドバイスしました。

 

それを受けて、その方も喜んでいただけましたし、

よりその仕事に対しての捉え方も

変わってきたように思います。

 

これも自分が持っている能力で、

「ありがとう」

をいただけた一例です。

 

 

■ 「ありがとう」をいただく。

 

これは簡単なように見えて、

とても難しいことです。

 

それも、ニーズが顕著であれば、

それに答えることさえできれば簡単なのですが、

 

そうじゃないことも多々あります。

 

また、

「ありがとう」という言葉が形式的になりすぎて、

その言葉に対する感情が希薄だったり、

 

サプライチェーンの一環でその仕事に携わっていると、

「ありがとう」の感情も起きにくい

のではないでしょうか。

 

そういう意味では、

私がやっているランニングコーチの仕事は、

自分がした行動がダイレクトに還ってきて、

感謝の言葉も直接受けることができます。

(それだけ、プレッシャーもかかるのですが)

 

 

■ 自分のできる能力で

「ありがとう」をいただき、

それだけはなく、お代までいただく。

 

こういう仕事に就けたことに、感謝しますし、

より多くの「ありがとう」は、

より次の仕事へのモチベーションになります。

 

 

まだまだ、自分のできることは限られているし、

それを必要としている方も、

世の中にはたくさんいることと思います。

 

 

なので、

より自己研鑽に励み、

より多くの方に自分のできる能力でできるよう、

日夜、励んで行こうと思います。

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:14.0km

今日現在の総距離:43.2km

目標の400kmまで、357.8km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)