走ったあと、なにを記録してますか?

Home  >>  RUN  >>  走ったあと、なにを記録してますか?

走ったあと、なにを記録してますか?

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

☆プロフィールはこちら☆

 

 

■ 例年ですと、そろそろ秋以降の大会のエントリーが始まる頃ですね

 

今年はどの大会にエントリーしますか?

 

もちろん、昨今のコロナの影響もあるので、

大会の有無もクリアではないですが、

準備するに越したことはないので走ることは継続していきましょう

 

ちなみに、私自身も沖鯖400kの開催が不透明な状況でもあります(汗)

 

 

 

以下、パーソナルトレーニングの日程はこちら↓↓

 

5月29日(土) 9:00~ 11:00~ 13:30~(満) 16:00

5月30日(日) 9:00~ 11:30~(満) 14:00~ 16:30

 

詳しくはこちらまで↓↓
https://moshicom.com/42631/

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、RUNの常識をぶっこわすため、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

走ったあと、なにを記録してますか?

 
 
■ なにごとも振り返ることは大切です
 
 
皆さんは走ったあと、なにを記録してますか?
 
 
たとえば、
 
・走った距離
 
・走ったタイム
 
・走った時間帯
 
・走った天候
 
・走った場所
 
・どんなふうに走ったか(トレーニング内容)
 
・途中で撮った写真
 
・履いたシューズ
 
 
大会になると、上記に加え
 
・大会名
 
・目標
 
・レース展開
 
・食べたもの
 
 
などですかね
 
 
 
■ 一見、同じような記録であっても、
 
表面上に現れない項目もあるので、その判断は非常に難しくなります
 
 
たとえば、記録する項目として
 
昨日は(A)、
 
距離5km、タイムは30分、時間帯は朝8時〜8時半、
 
天候晴れ・気温20度、場所は家から公園まで、
 
などの状況で走ったとします
 
 
 
今日も同じ(A)という状況で走ったとしても、
 
そこに前日の疲労の有無、走力のアップ、前日走った脳内の記憶(*)
 
などが蓄積されるので今日も昨日と同じ(A)という状況で走ったからといって
 
同じように評価することはできないからです
 
 
 
こういった理由から、記録の判断は非常に難しいことなのです
 
 
 
■ ただ、全く記録を取っていないと、改善できないので、
 
最低限の項目は取っておく必要があります
 
どこまでを最低限にするかは、「どの段階なのか」に依ります
 
 
 
たとえば、
 
サブ4やウルトラマラソンの完走などの目標を狙っている段階では
 
先の(A)といった記録だけではなく、
 
距離やトレーニング内容など記録を取る内容も多いことでしょう
 
この種の目標というのは一年に一回といったように
 
季節的な目標であったりします
 
 
であるがゆえに、
 
翌年も同じように目標にチャレンジしようとするときの参考になります
 
 
 
走り始めたばかりの段階の人は、
 
逆に記録的には少なく、
 
まずは習慣化させるためにも以前にも書きました
 
「スケジュールを守れているか」をベースに
 
走ったら◯・走らなかったら✕、という記録を取れば十分です
 
 
この段階の人の「最低限」は◯か✕の記録だけです
 
 
 
ある程度走り慣れてきた人になると、
 
普段走っているときの最低限は、極力少なくするほうがいいように感じます
 
 
理由は簡単で、項目が増えると手間が増えてくるからです
 
 
手間が増えると、億劫になります
 
 
文字通り「最低限」記録に取るのは
 
日時、距離、タイムぐらいが比較的記録しやすいデータでしょう
 
 
 
 
■ お気づきかもしれませんが、
 
ここで挙げた記録の類いは、(*)の項目を除けば、
 
客観的なデータとみることができます
 
 
走るということは、記録の側面で見ると、
 
非常に冷酷で無慈悲であり、無味無臭な側面があります
 
野球やサッカーでいう、流れやムードといったこととは関係がありません
 
 
色を成そうとすれば(*)の項目、言わば「感情」です
 
 
ただこの感情というのも記録するのが非常に困難です
 
刻一刻と変わりある状況下で、
 
逐一この感情を走りながら記録するというのは、
 
想像に難くないでしょう
 
ボイスレコーダーなどを使ってその断片的な感情を記録する
 
ということはできるかもしれませんが
 
全体から見れば大した記録にならないのは、お分かりいただけると思います
 
 
 
■ 以上のような理由から、
 
「感情」というのは、あとで思い返して記録するというのがいいでしょう
 
つまり「感想を書く」ということです
 
これであれば、ものの1分ででき、手間もかからないでしょう
 
 
まとめると、
 
「最低限+感想」
 
このセットで記録するのが妥当であると考えます
 
 
 
最近では、ランニングアプリなどもツールも発達してきています
 
皆さんは走ったあと、何を記録していますか?

 

 

 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

今日現在の総距離:359.4km

目標の650kmまで、290.6km

 

LINE公式アカウントからもお問い合わせができます。

ともだち登録の上、氏名とお問い合わせ内容を記載してお送りください。

ともだち追加はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)