我が辞書に『走りすぎ』の文字はない!

Home  >>  RUN  >>  我が辞書に『走りすぎ』の文字はない!

我が辞書に『走りすぎ』の文字はない!

おはようございます!

大阪でパーソナルランニングコーチをやってます、REDです!

☆プロフィールはこちら☆

♬パーソナルランニングコーチのご感想はこちら♬

 

 

■ 気づけば、6月ももう半ば、

一年で言うと、半分が過ぎようとしているんですよねー

気を抜いていたら、時間なんてあっという間に過ぎてしまいます

 

子供の頃は時間が流れるのが長いと言われます

大人になると、すぐに過ぎ去ってしまう

 

詳しいことはわかりませんが、

同じような生活をしていると、感じるように思います

なにか新しいことをやってみると、また流れが違うのかも

 

時間というのは戻ることができない不可逆的なものですので、

大切にしていきたいですね

 

 

 

 

以下、パーソナルトレーニングの日程はこちら↓↓

 

6月19日(土) 9:00~ 11:30~(満) 13:30~ 16:00~

6月20日(日) 9:00~ 11:30~ 13:30~ 16:00~

 

詳しくはこちらまで↓↓
https://moshicom.com/42631/

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、RUNの常識をぶっこわすため、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

我が辞書に『走りすぎ』の文字はない!

 
 
■ 疲労骨折は「走りすぎ」が原因と言われています
 
 
平たく言うと、
 
「走って筋肉を酷使しすぎた結果、疲労が痛みになって現れる」
 
という仕組みで疲労骨折は起こります
 
 
疲労骨折とは何か?
 
 
 
 
極論を言うと、
 
私の辞書に「走り過ぎ」という文字はありません
 
 
実際、
 
月間400km〜700kmぐらいは、
 
季節問わず常時走っていますが、
 
ケガというケガはしません
 
 
なぜなら、
 
「負荷をかけない走り方」をしているから
 
 
 
■ なにをどうしているかは言葉ではお伝えしにくいですが、
 
「着地をどうするか」
 
「膝への意識はどうか」
 
「上半身はどのような位置関係か」
 
「力が入っている箇所はどこか」
 
 
 
こういったことを逐一自分の体で検証し
 
身体の一点(特に脚)に負荷が掛からないようにして走るようにしています
 
 
走り始めた当初から、これを常に意識し、
 
かれこれ、8年近く走ってきていますが、
 
ケガらしいケガをしたのはトレイルで脚をぐねったときぐらい
 
それも周囲の環境によって引き起こされた『外傷』といっていいケガなので
 
それ以来、いくら走ってもケガはしません
 
 
 
負荷をかけない走り方、つまり昨日の投稿のように
 
 
を行うことによって、ケガも回避でき、かつ長く走れるのです
 
 
 
■ よく「ケガしない=筋骨隆々」をイメージされる方がいらっしゃいますが、
 
私は強靭な肉体を擁しているわけではありません
 
 
確かに筋肉の役割として、
 
防御を固める、ケガしない体になるという側面はあります
 
リハビリを行うレベルの方は
 
ケガなどで機能不全に陥った身体を補うために
 
筋肉をつけるトレーニングを行い、ケガの再発を防ぎます
 
 
 
ですが、五体が満足に動くようであれば、
 
筋肉をつけることでケガを防止するのではなく、
 
疲労が脚にたまりすぎることが問題なので、
 
その疲労の原因となる負荷を分散させれば、
 
強固な筋肉がなくとも、走ることはできるのです
 
 
 
■ このように疲労骨折も
 
「そもそも筋肉を使っていない(または筋肉の使用率が低い)」ので
 
筋肉を酷使するようなことも起きず、ケガすることがないのです
 
 
走る際に、疲労骨折が起きやすい脛骨や腓骨といった筋肉に
 
負担をあまりかけないようにし、
 
負担を身体全身で分担させれば、溜まる疲労がより減少し、
 
疲労骨折を回避する
 
 
これにはフォームを改善するしかありません
 
同じフォームで走っていても、また同じ箇所に疲労がたまるので、
 
疲労骨折から回復してもまた同じように故障を繰り返します
 
 
 
■ 私のパーソナルトレーニングでは、
 
ケガしないことを大前提として、
 
それを防ぐためのフォームで走ることをお伝えしています
 
同じスピードで走るにしても、
 
脚への負荷を下げながら、スピードを上げるフォームで走ります
 
 
多くの方が
「ご自身で走られているときは、疲労感や重い感じを感じていた」とおっしゃいますが、
 
私と走ると、「その感覚もなくなった」とおっしゃいます
 
このあたりはフォームを意識して走ったおかげと言っていいでしょう
 
 
 
そんな負荷が低く、ケガをしないランニングフォームに
 
ご興味がある方がいらっしゃいましたら、一度お問い合わせください
 
 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

→パーソナルランニングコーチのご感想はこちら

→お問い合わせはこちら

 


 

今日現在の総距離:167.8km

目標の500kmまで、332.2km

 

LINE公式アカウントからお問い合わせができます。

ともだち登録の上、氏名とお問い合わせ内容を記載してお送りください。

ともだち追加はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)