頑張るあなたはもう十分強い

Home  >>  RUN  >>  頑張るあなたはもう十分強い

頑張るあなたはもう十分強い

こんにちは!

大阪でパーソナルランニングコーチをやってます、REDです!

☆プロフィールはこちら☆

♬パーソナルランニングコーチのご感想はこちら♬

 

 

■ さて、そろそろひまわりも終わりの季節なんですね

 

そう言えば、今年も小野市のひまわり公園に行きそびれてしまいました汗

 

もちろん、ひまわりは小野市まで行かなくても見ることはできるのですが、

「どうせ見るなら、長い距離を走ってその達成感とともに堪能したい!」

と下心がでてしまい、行きそびれてしまっています汗

 

また来年、いこうかなぁーと、、、

 

こうやって行きたいところリストが膨れ上がっていくのですが、、、笑)

 

 

 

以下、パーソナルトレーニングの日程はこちら↓↓

 

8月8日(日) 9:00~ 11:30~ 13:30~ 16:00

8月14日(土) 9:00~ 11:30~ 13:30~ 16:00

8月15日(日) 9:00~ 11:30~ 13:30~ 16:00

 

 

詳しくはこちらまで↓↓
https://moshicom.com/56348/

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、RUNの常識をぶっこわすため、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

頑張るあなたはもう十分強い

 

■ 走ることはマゾっ気の要素が強い人が強いと言われています
 
 
日本人は世界で通用するだけの選手を数々排出していますよね
 
 
 
持論ですが、元来自然の猛威にさらされてきた日本人は、
 
起こる天変地異に対して、
 
『仕方ない』と受け身であり、
 
耐え凌ぐためのDNAが染み込んでいるので
 
 
同じように「耐久性を要求されるマラソンなどの長距離にも強いのではないか」
 
と思っています
 
 
 
その証拠に、
 
いろいろと経験して年齢がかさむほど忍耐力もつくためか、
 
ウルトラマラソンなどの長距離走に取り組む方も多くなってきます
 
 
まだ若い20代の方ほど、
 
5〜10kmなどの短距離(いや、これでも長い?笑)
 
に取り組む人が多いです
 
 
 
マラソンなどの長距離走のことを
 
エンデュランス競技(endurance )」と言います
 
 
endurance は日本語にすると、「忍耐」にあたり、
 
辛抱強く、続けることでゴールまでたどり着く競技なので、
 
そのように称されるのでしょう
 
 
 
加えて言うと、女性の方が長距離に強いのも特徴です
 
これも出産や子育てなど、数々の荒波を乗り越えてきた女性だからこそ、
 
その忍耐力がマラソン競技と相性が良いのでしょう
 
 
 
 
閑話休題
 
 
 
 
■ このように確かに忍耐力が求められるのがマラソン競技ですが、
 
ときに、度を越す忍耐をしてしまう人がいます
 
 
そういった人ほど、マゾっ気のより強く、
 
我慢にも慣れ、本音をなかなか言い出せないものです
 
 
 
 
 
「やせ我慢」や「辛抱」
 
「痛いときに、痛いと言えない人」
 
「自分に厳しい人」
 
こういう人は
 
“もう十分強い”んです
 
 
 
だから、無理せず、休むときは休む
 
気合・根性で走る必要はありません
 
できることを繰り返す
 
できることだけやっていればいいのです
 
 
無理・無茶・無謀をしていると、
 
そのうち、ケガして取り返しのつかないことになります
 
 
 
 
 
■ 夏は暑いです(当然です)
 
 
たしかに、暑い中でも走っていると、
 
暑さに対して耐性ができたり、
 
心肺機能も向上するかもしれません
 
 
 
 
でもその反面、その影に潜むリスクもあります
 
 
熱中症や脱水症状、もちろん、(夏に限らず)怪我のリスクなどを省みず、
 
辛抱して、「我慢」の一言でその場を乗り切ろうとすると、
 
溢れ返った水が決壊するダムのように、
 
多大なる被害を被る可能性もあります
 
 
 
■ 夏に走るメリットはたしかにあります
 
(以前のブログ”夏に頑張った人のご褒美”でも取り上げました)
 
 
 
でも、暑い中、走って多くのことを得ようとするより、
 
現状維持させることがまず第一の目標です
 
無理をとおして走る必要はありません
 
 
 
ケガしているのなら、治療に当てるのも一つですし、
 
疲労感が抜けないなら、休みましょう
 
ケガをよくするなら、まずはランニングフォームの改善に取り組みましょう
 
 
 
走れるときは走れるときで、
 
現状維持、今できることを続けていくことを
 
主眼に取り組めば十分です
 
 
 
■ 焦って結果を求めようとする必要はありません
 
 
夏に現状維持させようと走っていれば、
 
秋以降、それは報われます
 
 
 
走れるときは走れればいいですが、
 
時には休むことも必要です
 
 
すべては秋以降のために、最低限現状維持をさせ、
 
時には休むことも入れながら、秋以降に備えるようにしましょう
 

 

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

→パーソナルランニングコーチのご感想はこちら

→お問い合わせはこちら

 


 

今日現在の総距離:62.3km

目標の450kmまで、387.7km

 

LINE公式アカウントからお問い合わせができます。

ともだち登録の上、氏名とお問い合わせ内容を記載してお送りください。

ともだち追加はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)