案ずるより走るが易し

Home  >>  RUN  >>  案ずるより走るが易し

案ずるより走るが易し

On 9月 3, 2019, Posted by , In RUN,朝RUN,習慣化,行動,言葉, With No Comments

おはようございます!

パーソナルランニングコーチのREDです!

☆プロフィールはこちら☆

 

■ 9月に入りましたが、

暑い日が続いていますね汗

 

日が暮れても、まだ昼間の熱が残っていますので、

熱中症には注意ですね!

 

 

 

**************************

 

このブログは、

『ウルトラマラソンなどの

 荒唐無稽なRUNをチャレンジすることで、

 だれもが自己実現できる社会を実現させる』

ことを目標に、

 

年間5,000km走り、

様々なRUNや大会にチャレンジしてきた著者が、

その中で学んだことをお伝えするブログです。

 

**************************

 

案ずるより走るが易し

 

■ 例えば、朝起きて走ろうとする方がいたとします。

その方が考えることは、次のようなことです。

“フォームはどうしよう。。。?”

“暑いよなぁー”

“いつ走る?”

“何キロ走る?”

“どこを走ろう?”

”ウェアはどれにしようか?”

“どのコースを?”

なんて、考えると思います。

 

 

■ そうこうしているうちに、

 

時間だけ経ってしまっていませんか?

頭でっかちになっていませんか?

 

 

結論から言うと、走るときに何も考えなくていいのです。

 

そういう人は得てして行動が遅れます。

つまり時間だけが過ぎていきます。

 

 

その時間は何も生み出さないのです。

企業でいう”無駄な会議”と同様、

頭の中であれこれ無駄な論議をしているのです。

 

そして、結局走らない。

走れたとしても短い距離。

(たいがいの人が後ろが詰まっているから、そうなってしまう)

 

だから、云々を考えるより、走り出せばいいのです。

 

 

■ と言いつつも、

これが非常に難しいことは重々承知しています。

私も何度も嫌というほど打ち破れてきましたから汗

 

 

でも、それでも一勝九敗、

どんなに打ち破れても、一勝だったとしても続けてこれたのは、

たくさんの言葉を持ち合わせていたから。

 

例えば

全力で、現状維持!

知行同一してこそ、学びが報われる

今したほうがいいことに、今時間を使っているか?

走る一択!

その時、その瞬間

 

 

など、このような言葉をフル動員して自分をRUNの方に仕向けてきました。

それでも、まだ負けることもあるのですが、、、

 

 

■ いろんな言葉を持っていましたが、

 

”案ずるより走るが易し”

 

これに極論言うと、この言葉がすべてを一蹴してしまいそうです。

 

 

 

目覚めたら、ウェア着て、シューズ履いて、外に出る。

コース云々は考えず、とりあえず家を出る。

 

これを淡々と確実にこなしていくべきでしょう。

 

そして、走っている最中よりも、

 

むしろ、ここまでの過程、

”家を出るまで”が一番の壁であるということ、

を付け加えておきます。

 

 

■ 最初は一勝九敗でもいいのです。

いろんなことをやっていくうちに、

2勝8敗、3勝7敗と、だんだん勝率は上がってくるんです。

 

私も何度も何度も試行錯誤を行ってきましたが、

それでもまだ7勝3敗くらいなので、

まだまだ自分自身に言い聞かせている意味も込めて、

このようなブログを書いています。

 

 

■ 9月もまだまだ暑い季節。

 

走った方がいいことはわかっているのですが、

分かっていても、易きに流れていってしまうものなので。

 

自戒を込めて。

 

 

今日はここまで。

 

 


→ランニングコーチについてはこちら

 

→ランニングフォームの練習会についてはこちら

 

☆メニューにないこともご対応させていただきますので、

 お気軽にご連絡ください。


→FAQはこちら

 

本日の走行距離:7.2km

今日現在の総距離:56.2km

目標の500kmまで、443.8km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)